トップ / インプラントの治療方法は

インプラントの治療方法は

インプラントの説明

インプラント治療の流れ

インプラントの治療期間は、長くなります。治療期間として、まずはじめにすることは治療計画です。治療の説明を受けて治療の計画を立てます。予算や治療方針などを決めて、メリットやデメリットの説明も受けることができます。必要に応じて聞きたいことを考えておくことも重要です。次に、治療を行います。骨が足りない場合には補助手術も行います。埋め込んだ歯根と骨がしっかり結合したことが確認できたら、人工の被せ物の歯をつけます。インプラント治療が終了しても、メンテナンスはしっかりやらないといけません。

インプラントができない年齢

インプラントには年齢制限があります。まず、18歳から20歳以下の人は、顎の骨に人工の歯根を埋めいれる手術をしますが、人工の歯根はほとんど動くことはありません、そのため、顎が成長しているときに治療を開始してしまうと、歯並びなどの仕上がりに不具合がでてしまうことがあり、その期間は、ブリッジや入れ歯などで補うようになります。次に70歳以上の方は、治療に耐えられない、もしくは治療後のメンテナンスが難しい方が増えるので、インプラント治療を避けるのが一般的です。

↑PAGE TOP

© Copyright インプラントで歯も若く. All rights reserved.