フリード 値引き

フリード 値引き 相場

ホンダフリードの値引き額は今も増えていますが、そのまま購入すると7〜8万円程度で終わります。

 

しかし交渉テクニックを加えれば、プラス10万円の値引き増額はできますよ!

 

 

 

10月の平均値引き額は、サンルーフなどの装備付属品の値引きを含めて15万円

 

都会では25万円は目標にして良さそうです。

 

 

 

しかし作戦なく見積りをしてしまうとこの金額を出すのは不可能でしょう。

 

ではどのようにすればよいでしょうか。

 

以下では、交渉テクニックの一例をご説明いたします(^^)

フリード 値引き 交渉

車購入の商談=値引き交渉は相手と対面しながら駆け引きを行います。

 

最後はセールスマンと信頼関係を築かなければ

 

フリードの商談で納得できる好条件となることはありません。

 

 

ホンダの販売店は目標台数のためにわずかでも多く販売したいはずです。

 

 

さらにフリードのライバル車の販売台数も抑えたいと考えているでしょう。

 

 

金額を好条件にするには、セールスマンにライバル車も考えていると伝え、

 

「この人には安い金額を出さないとライバル車を買ってしまう」と、

 

強い危機感を持たせることが重要です。

 

 

 

 

より効果のある方法としては、

 

 

期限を定めて交渉する(○月○日までに契約をすると伝える)

 

→購入意欲があると判断されるので滞りなく交渉が進む。

 

 

◎フリードのライバル車である「ウィッシュ」や「シエンタ」、「ラクティス」などの見積りを行う。

 

→買うことは決めていても、金額しだいで悩むような態度を見せる。

 

 ライバル車の見積書を携帯するとアピール度高い。

 

 

◎下取り車を準備する

 

→見積り書類の記載された額は、あらかじめフリードの限度額が決まっている。

 

 

メーカーの目もあるので、もっと多く値段を引かせるには、

 

下取り査定額を増やして最終的に安くさせる。

 

 

前もって商談に行く前に、自分の車の下取り価格は調べておくことは大切です。

 

カンタン約3分のオンライン車査定

 

 

このようなことをしても満足できない価格提示であれば、

 

ホンダカーズなど異なる系列店で見積りを取り、

 

担当者に火をつけて焦らせる策略もあります。

フリード 値引き 情報

ディーラーが手にしている査定表記載の下取り価格は驚くほど安いです。

 

セールスマンの実力があれば、まだ上乗せすることはできます。

 

 

はじめに出される見積りはかなり安い下取り価格が書かれています。

 

特にディーラーの査定は、7年落ち(3回目の車検前)だと

 

びっくりするほど安くなるようです。

 

 

そういう困った時に役立つのが車買取専門店!

 

車買取専門店では、市場で販売台数があるクルマなら、

 

人気があり購入する人が多いのでかなり高額で下取りしてもらえます。

 

 

 

 

例えば、平成17年式のウィッシュだと、

 

ディーラーの査定額10万円 → 車買取専門店の査定額45万円

 

その差35万円!

 

 

これはあたりまえのように起きている例なんです!

 

安易に表の値引き額だけを確認するのではなく、最終合計額を安くしないと失敗しますよ!

 

 

フリードの値引き交渉の前は、自分のクルマの適正買取価格を調べておきましょう。

 

それをした上でセールスマンにがんばってもらい奇跡の値引き額を出させましょう!

 

 

 

そのためには無料の車買取一括査定を行いましょう↓

 



リンク集