トップ / インプラントのデメリット

インプラントのデメリット

インプラントの症例

義歯とインプラントの相違

虫歯などのためになくしてしまった歯の代用としては、インプラントのほかにも、一般には入れ歯がポピュラーとなっています。しかし、使用している途中でぐらつきが生じたり、食べ物がすきまに挟まったりするなどのトラブルが起きやすいといえます。いっぽう、インプラントというのは、歯の土台としてあごの骨に金属の部品を埋め込んで、その上に人工歯を装着するものですので、義歯のようにぐらついたりせず、健康な歯と同じように食べ物を噛んだりすることができるというメリットがあります。

インプラントは機能性が高いです

最近ポピュラーな歯科治療となってきたインプラント、保険が効かない自由診療ではありながら、見た目の美しさ、機能性の高さから、希望される患者さんが増えているといわれています。永久歯を事故などで失ってしまうと、もう歯は生えてこないので、入れ歯やブリッジで補うしかありませんでしたが、そういった治療では、硬いものが噛めないなど生活の質も低下し、満足度は非常に低いものでした。しかしこのインプラント治療では、歯茎に歯柱をしっかりと埋め込むので、本物の歯と同じように使うことが出来ます。

↑PAGE TOP

© Copyright インプラントで歯も若く. All rights reserved.