トップ / インプラントで食事しよう

インプラントで食事しよう

インプラントの利用で

インプラントなら、よく噛める

歯を失ってしまった時、そこを補う方法の一つにインプラントがあります。最近では、一般的に歯科で利用される物をさす場合が多くなってきています。その特徴として、一番に挙げられることは、安定性のよさです。顎の骨にしっかりと固定されるので、違和感がなく、噛む力が回復します。さらにインプラントなら、よく噛めることで、全身の健康にも好影響が期待できます。また、隣の歯を削るなど、周りの歯に負担をかけることがありませんし、見た目が元の歯に近くできるので、審美的にもすぐれています。

インプラント定期メンテの重要性

インプラントは、失われた歯のかわりとして、金属でできた人工の土台を埋め込む手術をして、その上に人工歯を据え付けるという技法です。天然の歯と同様の機能性を保てるかどうかは、手術後のメンテをしっかりと受けることにかかっています。インプラントの手術後は傷口から雑菌が入る心配がありますし、固いものを噛んだり無理な運動をすることによって、チタンと骨との癒合が弱くなり、ぐらついてしまうこともあります。定期メンテで歯科医師に確認してもらうとともに、クリーニングを受けることで、無用のトラブルを防ぐことができます。

↑PAGE TOP

© Copyright インプラントで歯も若く. All rights reserved.