トップ / 最新のインプラント技術

最新のインプラント技術

インプラントの危険

インプラントに起こりうる失敗

インプラントの治療はときに失敗したりトラブルが起きたりする場合があります。失敗やトラブルの原因はさまざまです。まず、失敗例として、骨と結合しないということがあります。骨と結合することによって、グラついたり、脱落したりしないで固定することができます。主な原因として、骨がドリルの熱によりダメージを受けることで、結合できなくなってしまうことがあります。もし、インプラント治療を受けた後に、グラついたり、脱落したりといった場合には、治療を受けたところで診てもらうことが大切です。

歯を失った場合もインプラント

歯周病で歯を失った場合でもインプラントを利用することをおすすめします。見た目では自分自身の歯と同じものに見え、機能性が大幅にアップするところがポイントになります。また、ハミガキも同じようにブラッシングをすることが出来て違和感なく使用する事が出来ます。欠損している歯の部分にインプラントを埋め込んで人口歯を被せることで、がたつくことなく半永久的に利用することが可能です。全ての歯が無くなった場合には、オールオンフォーというもっと丈夫な機器を用いて見かけと機能性を上げられます。

↑PAGE TOP

© Copyright インプラントで歯も若く. All rights reserved.